free web hit counter
今日のベストを未来の自分のために!
書評

【書評】アフリカ大陸の真実が知れる!超加速経済アフリカ



こんにちは。

コウノです。

【書評】アフリカ大陸の真実が知れる!超加速経済アフリカ

皆さんは、アフリカに対する認識はどのようなものでしょうか?

野生動物や広大な大地、貧困などのイメージではないだろうか。

JICAの広告や、内覧自衛隊の海外派遣などのニュースもあったため、

治安が悪い発展途上国が多いイメージかもしれない。

しかし、アフリカの実態は予想を大きく裏切るものでした!

オンラインで旅行もできますが、全然雰囲気が違い、

また、中国の援助が入っていて大きく成長している地域に見て取れました。

興味がある人は3000円払って下記のサービスを受けてみると

アフリカを体感することができて面白いです。

超加速経済アフリカはアフリカ最前線のファクトフルネスを教えてくれる良書です。

最初のファクトフルネスとして、下記の三つを紹介いたします。

・アフリカ大陸の大きさ

・ナイジェリアの中位年齢

・アフリカにおける2050年の人口予測

まずアフリカ大陸の大きさは私たちの想像を大きく超えます。

どれくらい大きいかというとこれくらいデカいです。

私たちが普段よく目にする地図はアフリカの本当の大きさを表しておりません。

メルカトル図法が緯度が高い国を大きく表示するため、

赤道に近い国は総体的に小さく表示されております。

アフリカ大陸の実際の大きさはアメリカと中国とインドとヨーロッパと日本を全部入れてもまだ余る大きさです。

アフリカはこれから高度経済成長期にさしかかるとされています。

どんな時期かというと明治・大正時代ぐらいをイメージすると良いと思います。

日本の50年から60年前つまり日本が過去に通ってきた道を今たどっているので、

人口急増による仕事不足やインフラ整備の遅れなど、

日本が知っている課題が数多く存在します。

可能性が少ないアフリカ各国ではダイキン技術を取り入れることができている。

私たちが持つアフリカで認識を一気にアップデートさせてくれる
アフリカの巨大な可能性とともに未来のビジネス術を学ぶ事ができます。

2020年の日本の中位年齢は48.4歳で、アフリカ全土の中位年齢は19.7歳です。

アフリカの全人口が現在、約13億人で、2050年には約25億人となり、

世界人口の約25%を占めるまでに成長する見込みです。

ー前にアフリカ全土の電気普及率は4割程度だが、

アフリカの成人はほぼ100%携帯やスマホを所持している。

またキャッシュレスの普及率も9割を超えています。

アフリカでは既存インフラや既得権益者などが少ないため、

どんどん技術が一足飛びに普及していきます。

また現在は日本企業の再進出が増えてきています。

アフリカはあまりニュースにならないので、

日本が知らないアフリカの姿はたくさんあります。

大代川センサーアフリカの本当の広大さを知ると誰もが驚くだろう。

メルカトル図法の世界地図では高緯度の地域が大きく見え、

赤道に近いアフリカは動態的に小さく見えます。

そのため多くの日本人はアフリカの本当の広さを知らないが,

比較してみるとよく分かるアフリカ大陸の南北の距離は約8000 kmにもなります。

東京からシアトルが約7687 km、

アフリカの東西は約7400 km 、

東京からドバイまでが約7935 km、

東京からシアトルやドバイまでの距離と同じくらいだと考えると、

とりあえずは不利かに拠点を一つおこうという発想がいかに的外れかがわかるだろう。

アフリカ大陸の面積はインドの10倍で日本の80倍にあたる

アフリカ大陸とはその中に米国と中国とインドと欧州とメキシコと日本が全部入るほど実に巨大な大陸なのだ

また、年齢はアフリカも若い!

アフリカの人々の年齢が圧倒的に若いことも日本では知られていない情報です。

2020年の日本の注意年齢は48.4歳であるのに対しアフリカ全土の注意年齢は19.7歳です。

アフリカはどんどん豊かになっています。

しかし、ケニアはスラム街、ウガンダも豊かになってきたと言っても、

オリンピックの時みたいに日本で働きたがってる外国人はいるので、差は縮まってなと思います。

スマホを持つマサイ族アフリカでは連作工事が進んでいるが半分程度の人は電気がない家に住んでいる日本の約100年前と事情が似ている

しかし、当時の日本とは全く違う面もある。

それはアフリカのほぼすべての製品がスマホや携帯を持っているという点です。

充電の際は小型のソーラーパネルを使うか

村の小型店舗の充電サービスを利用します。

マサイ族の製品もほぼ全員がスマホや携帯を持っています。

東アフリカの一歩商品で

  • パワーソーラーパネル
  • 充電池LEDランプ
  • 充電用ラジオ

などがセットになった商品で価格は約23000円である

アフリカ人には高額なため約3000円を頭金にして、

1日約50円の日払いで支払う事で使っております。

支払いが滞ると遠隔で充電機能が停止するという仕組みです。

アフリカでは銀行口座を持たない人が多いです。

アフリカではまとまったお金を持たない人が多いため、

もらえるマネーを使った少額決済により、全体授業が顕在化したのが、

アフリカでは後払いだと回収が難しいため、約98%がプリペイド携帯となっている。

郵便が普及していないことに加え、住所が明確ではない銀行口座がないという人が多いため、

料金にはかなりシビアと言われており、

端末を使い値段が安い方が流れやすいほうに切り替えています。

ほとんどが中国製スマホであり、

最も人気があるのは、中国製アフリカ専用のスマホです。

フィットネスがナイロビでブーム

2019年にナイロビでフィットネスクラブがブームとなった話があります。

約1000万人という大きなマーケットになりつつあるアフリカに対してのイメージを持つ方も多いだろうだが、

実際には太り過ぎなどによる慢性疾患で亡くなる人が増えています。

その背景には救急車の程度がない人間ドックや定期検診が、

ほとんど普及していないといった事情があります。

いずれにせよ生活習慣病患者の増加がフィットネスブームの要因の一つです。

推測できるモバイルマネーサービスは、

チャージした通話料を送金したり、現金に払い戻したりすることができる点があります。

つまり、ATM の代わりとなっているケニアのあちこちにエムペサ代理店があり、

チャージ払い戻しが可能でチャージした通話料はコンビニでも利用できます。

都市部では現金よりエムペサを欲しがるほど信頼を得ています。

決済だけではなく預金や与信もあることが、

送金は1回約15万円、1日約30万円の制限付きではあります。

店1日30万円を超える送金をする人は少ないため、問題はございません。

ローンも組めるつまりフルバンキングに近いサービスを銀行なしで受けられます。

これはイノベーションと言えます。

そうして通信キャリアのシステムだけで、

リテールバンキングサービスを実現したエムペサなら現金の紛失や盗難の心配もないです。

携帯を紛失してもデータはサーバーにあるためです。

また、日本では法規制により電子マネーの現金化はできないですが、

アフリカにはそうした規制はない。

預金利息は元本保証で約6%の金利がつきます。

中国アリペイのような QR コードも不要であり、

銀行口座を作る必要もございません。

まさにリープフロッグです。

カエルとびイノベーションが起きています。

アフリカにはひとみフラや既得権益者が少ないため、

先進技術が一足飛びに普及するのである

日本企業とアフリカ・アジアのアフリカ進出

2019年時点でアフリカに進出している日本企業は約500社、

拠点数は約800

在注する日本人数が約7500人に上ります。

1970年代から80年代前半にかけては、

高度成長と安価な商品を武器に日本企業が世界進出を果たしてきました。

そのため、現在の約3倍の日本人がアフリカにいました。

しかし1980年から90年のアフリカ経済の停滞と政情不安、

1990年代の日本のバブル崩壊によって日本企業は次々に撤退しました。

そんな中韓国企業がアフリカに進出するようになり、2003年からは中国が大規模な進出を果たしてきた。

おしゃ購入のオファーがあったことを気になりたい。

市場の可能性とエンドユーザーによる直接購入のニーズに気がついた。

その後ネットで中古車の直接販売を開始、5年で年商500億円に拡大している。

アフリカ進出を成功させるためには、アフリカ進出の用パターン大きなビジネスチャンスが溢れている。

アフリカへの進出には大きく四つのパターンがあると爪は自然や一次産品の獲得の場としての資質です。

金ダイヤモンド石油レアメタルなどの資源コーヒー紅茶タコやマグロといった食品を輸入する

2019年の輸入額は約8406円で今後も拡大が見込まれる二つ目は将来の有望市場としての知識が人口増加が進むため自動車食品でしょう。

新製品が安い地域で生産を行うようには中間の縫製工場がキスしている。

それは新たなビジネスモデルの発掘と次長としての資質である。

日本では契約特典駅でできないこともあり、彼は可能が先進国のベンチャーがアフリカで商用サービスを開始しており、金融業・ドローン飛ばすといった

が厳しい分野では大きな可能性を秘めている貧困層が多く、

不便な状況もイノベーションの土壌になるだろう。

ベンチャー投資も有望だこうした中で最も盛り上がりを見せるのは4番目のパターンである。

カネカと味の素すでにアフリカで成功している日本企業としてあげたと味の素のある歯の美白剤瓶サロンはアフリカで圧倒的なシェアを誇るアフリカ中近東売上比率は金課題ではまだ1割弱だが今後拡大していく計画のようだ味の素は西アフリカのスープが丘にマッチした西アフリカでは19お鍋で作る際に味の素を大量に使うどこで東南アジアで成功した現地小規模店舗での小分けのパッケージ販売を適用したところ大ヒットとなったもう短歌になると買えないので1パック単位で販売したのでアフリカでは当たり前が当たり前ではないだからこそできることがたくさんありますが広がっている曲の説明正直なところようやく者はアフリカに対する正しい知識が不足していただからこそ本書の内容は衝撃的でその読書体験は驚きと興奮の連続だったアフリカは広さ若狭成長度合いイノベーション活用など大きな可能性を秘めていることがよくわかる5クロックリノベーションを積極的に活用できる県では日本を評価しているだろうし世界で最も暑いとされるアフリカの溶接市場の動向やアフリカに進出するグローバル企業の事例など読みどころが少ない何か新しいチャンスがあるのではないかとワクワクさせてくれるんだから是非アフリカのファクトフルネスに触れ医者でできることに思いを馳せてみていただきたい


読んでいただいてありがとうございました
それでは引き続き頑張っていきましょう。

ではまた

つぶやき
twiiter

運営サイト

筋トレ
ダイチの日記

まとめ
ライフハックマガジン

岡南建設
岡南建設

転職ハック