free web hit counter

60歳からの年金空白5年間への備えを考える

こんにちは。

コウノです。

今日もコツコツ書いていきたいと思います。

それではお付き合い下さいでは書いていきます。

60歳からの年金空白5年間への備えを考えるこんばんはKonoです

これまで老齢厚生年金を60歳から支給されていましたところが制度改正で男性は昭和36年4月2日以降女性は昭和41年4月2日以降生まれの人は年金支給が65歳からとなり60歳から65歳までの5年間は全く年金が出なくなりました

2018年時点で言えば57歳以下の男性、52歳以下の女性に該当します政府は定年延長の法改正を行い65歳定年への移行を施し2025年から65歳定年が義務化されます

年金支給開始年齢の繰り延べに大須こうした定年延長が開始されたのです

将来支給開始年齢が空に70歳70五彩に引き上げられればこれに伴って定年を延長されるはずです

1960年当時の日本人男性の平均寿命は65.32歳女性は70.149歳でしたが2017年には男性が81.09歳女性87.26歳に飲みました

15年近く長生きできることになりますね

1960年当時は定年50五彩で60歳から年金を支給し始め受給期間を短く取ったのですしかし自由が伸びたため状況が変わりました2017年の家計調査では無職の60歳以上の高齢者の単身者と夫婦2世帯の家計収入は単身者で154,742円の支出夫婦に取材では263,717日済んだのにいずれも毎月40,000 50,040,000から50,000円の赤字が出ています

預貯金の取り崩しで埋めていますが長生きすれば預貯金の息を吐きます

現在赤字の労働関係でも収入の多くが公的年金でこれから支給されないならどん10歳以降も収入確保が絶対必要になるわけです

定年が延長されても給与減額されますしかしそれでもなお少しでも節約に励み直しも長いと流行が行19人出血する時代になった。



 

夫より年齢が若い妻がいると夫が65歳になってから貰える年金に対するカレー年金が毎月30,000程度蔵流子される制度があります

チェックするかどうかチェックしておきましょう

 


読んでいただいてありがとうございました。
皆さんの日々の何かのネタになればと思います。

それでは今日も明日も引き続き頑張っていきましょう。

ではまた。

つぶやき
twiiter

運営サイト
後払い通販

筋トレ
トレーニングで人生の問題は大体解決できる!

まとめ
ライフハックマガジン