free web hit counter

格安利用のメリットデメリットについて話します

こんにちは。

コウノです。

今日もコツコツ書いていきたいと思います。

それではお付き合い下さいでは書いていきます。

格安利用のメリットデメリットについて話します

格安航空利用のメリットデメリット

格安航空利用のメリットデメリットについて話します。

近年航空券は非常に安くなしLCC(ローコストキャリア)の存在感が増しました。

LCCはコスト削減で既存の航空会社の半分から3分の1の価格です。

LCCは燃費が良く収容力が高く、エアバス320やボーイング737で統一し、加工費用のかかる登場箸を使わず機会も横付けしません。

ちなみに給与も抑えスタッフもマルチタスクで掃除を行います。

ウェブ予約で窓口も縮小しコストを削減を決定しています。

格安航空会社は、

・ジェットスター

・ピーチエア

・バニラエア

・春秋航空日本(スプリングジャパン)

・エアアジア

・スクートなどです。

ところでLCCの航空券は安いものの座席が狭く預け荷物に料金が掛かり機内飲食や毛布も有料映画やゲーム用のエンタメ説明もなく予約変更やキャンセルが事実上不可能というデメリットも少なくありません。

そのため国内線での1時間2時間の移動なら我慢できてもエルシーシーで3時間以上かかる海外に行くのはとても苦痛になります。

そこで覚えておきたい裏技がLCCではない既存の航空会社の格安航空券の利用です。

エアトリとかいろんなサービスがありますよね。

正月やゴールデンウィークは航空券価格が跳ね上がるものの実は2月10月11月の閑散期の予約は激安になっています。

例えば通常成田からローマ間の往復では100,000以上繁忙期750,000以上が当たり前です。

しかもこの閑散期早めに予約すれば既存の航空チケットでも50,000以下でゲットできます。

難点は乗り継ぎ待ち時間かかる店だけです工夫すれば成田からパリの航空券でも9月で50,000円10月で40,000円11月でも30,000円ほどの月安価格で確保できます。

航空会社でのエルシーシービジネスモデル

飛行機4000キロとバス(約1時間)飛ばすコストは

燃料代

機材代

空港

人件費

販売日で

既存のレガシーキャリアだと約6500円かかりますがLCCのコストだとLCCで約3000円半分以下に凝縮することができます。

ちなみに光従来の航空会社はLCと呼びレガシーキャリアと呼ばれます。

フルサービスエラーLINEつまりエフエスエーとも呼ばれます。

地域別のエルシーシーシェア

北米国際線32%国内線13%

EU国際線48%国内線16%

東南アジア国際線53%国内線28%

北東アジア国際線14%国内線10%

閑散期の事前予約は既存の航空会社(エフエスエーのチケットが激安になります狙い目は2月10月11月が狙い目

成田→ローマローマ間で繁忙期が150,000以上閑散期で50,000以下

成田パリ間で繁忙期が150,000以上閑散期で30,000から50,000以下

まとめ

日本航空のエコノミー席と格安航空のエアアジアの席で比べるとJALのシートビッチ(前後(幅(笑は笑アーチェリー5センチ長く86センチ

シートをJALが6センチなく47センチです。

乗り換えで国際線に乗ると時間はかかりますが、直行便よりいろんな土地に行けるので楽しいです。

ではまた!


読んでいただいてありがとうございました。
皆さんの日々の何かのネタになればと思います。

それでは今日も明日も引き続き頑張っていきましょう。

ではまた。

つぶやき
twiiter

運営サイト
後払い通販

筋トレ
トレーニングで人生の問題は大体解決できる!

まとめ
ライフハックマガジン