free web hit counter

寒い夜にラーメンについてのうんちくを語ってみる

こんにちは。

コウノです。

今日もコツコツ書いていきたいと思います。

それではお付き合い下さいでは書いていきます。

寒い夜にラーメンについてのうんちくを語ってみるこんばんは今日は寒いですね

こんな日はラーメンが食べたくなってしまいますでも時間が遅いので我慢しないといけないですねさてこれから人に話したくなる経済のカラクリについて話したいと思いますこの時期は寒いからラーメンが食べたくなりますよねさてラーメン店のスープは業務用インスタントがすごく多いって言う現実を知ってますでしょうか

あの店のとんこつラーメンは濃厚でうまいとかここの醤油ラーメンは店主のこだわりがあって1番だなどとラーメンのうんちくではも嫌がりますしかし実際にスープを自前で自家製したり面を自家製するのはごくごく少数派です自家製スープや自家製麺を用いると時間や労力のコストが大きいからですいっぱい1000円以下で提供しなければお客さんだって来てくれませんスープ作りに時間や朗読をかけられないです飲食系では現在利用日は30%以下に抑えるのが基本中の基本ですそうでなければ人件費や家賃水道光熱費等を賄えず赤字になるからです。2原材料費23割以上かける店もありますがそれをお客さんが回転する繁盛店になってから味を向上させるため原材料費を上げた結果です開店当初から原材料費が30パーを超えていたら商売にならないからですいっぱい700円のラーメンなら原材料が210円以下に抑えいっぱい1000円なら330円以下に抑えるのが業界の常識ですとりわけスープの中でも九州系豚骨スープを作るのが大変手間がかかります鶏がら家にもし醤油系のいやインスト系のスープを作るのに対して時間も手間も2倍以上掛かります。豚の関節部位のげんこつ呼ばれる塊を砕き下茹でした後に水を吸って1貫してずいが出やすいように処理して数時間かけて焦げ付かないように混ぜながら煮込むのですから臭いも強烈で集合だけでなく店内にも漂いますそんな独特の一宗生が通えば近隣の店舗から西九条も起きかねません業務用スープや麺は近年ものすごく味も改良され上質なものになっていますが化学調味料やてんこ盛りですこうしたインスタントスープや麺を使ってそこに一手間独自材料を加えたものが多くのラーメン店の現状なのです

狭い厨房に大きな袋結ん鍋が1つか2つしかなくメニューが豚骨醤油味噌など多彩で見せないに独特の匂いもしない人欲しいした後に丼に骨髄の細かいかす粒がない等は仕込みに時間をかけない業務用スープ利用本物を作るのには手間がかかりますね、

結構話したので追加でもう1個うんちくを出します食べ放題や飲み放題の店壁はどう出すのかは食べ放題飲み放題と言う昔私が魅力的で3 90分120分の時間生でも好きなものを好きなだけ食べるビュッフェバイキングは人気があります旅行会社の国内ツアーでも回戦83種のカニ食べ放題は定番で4町流は焼肉食べ放題寿司食べ放題スイーツ食べ放題惣菜食べ放題しゃぶしゃぶ食べ放題といった限定メニューの食べ放題から全品メニューが食べ放題飲み放題の多くを避けられますとりわけオススメは強いホテルのランチ上です顧客誘引交換も兼ねてのため高級食材も惜しみなく使われる石一流シェフの味付けを存分に味わえるからですところでこうした店はどうやって利益を出しているのでしょうすでに紹介した食材原価の違うもの新リミックスで待ち合わせ喧嘩の平均値を下げていますその上大量発注で喧嘩を抑えお客が自ら料理を取りに行くのでホールスタッフの人件費を節約できるわけですそれによって安く抑えられているのです

ではまた明日


読んでいただいてありがとうございました。
皆さんの日々の何かのネタになればと思います。

それでは今日も明日も引き続き頑張っていきましょう。

ではまた。

つぶやき
twiiter

運営サイト
後払い通販

筋トレ
トレーニングで人生の問題は大体解決できる!

まとめ
ライフハックマガジン